社員教育で効果がでない?結果のでる社員教育のやり方まとめ。

社員教育失敗の要因を考える

社員教育が期待する水準に達しない場合、教育対象者にばかり責任を押し付けてはいけません。なぜなら多くの場合、社員教育失敗の要因は一つだけではないからです。例えば、教える時間・機会が少ない、教えられる環境・仕組みが整っていないなどの要因が考えられます。また、教育する側が経験不足で教育する立場になかったり、教育される側が教えられるレベルにない場合も考えられます。

社員教育失敗の要因を解明することはとても重要なことです。失敗要因の解明を怠ると、多くの場合見当違いな対策を取ることになり、教育計画に大幅なロスが生じることに繋がりかねません。しかし逆に、失敗の要因を職場から取り除く事ができれば教育に適した環境が生まれ、社員教育の効果は高まるでしょう。

教育する側とされる側に信頼関係を構築する

社員教育の効果を高める方法として、教育する側とされる側の信頼関係を構築するというものがあります。お互い不満を抱く関係は、教育を妨げる要因と言えるからです。

信頼関係の構築には、相互努力が必須です。ここでの相互努力とは、教育する側は「教育を軽く見ず、出し惜しみせず教えること」、教育される側は、「見栄を張らずに自分の理解度をはっきりと示して理解に努めること」を言います。

また、社員教育から上下関係の要素を取り除くことも、信頼関係構築には重要となります。不要な上下関係は、多くの摩擦とストレスを生む要因です。ストレスは教育効果に大きく影響する要因でもあります。相手を自分自身だと思い、ひとりの人間として尊重しましょう。

社員教育の現場に信頼関係が生まれる事で、お互いが教育プログラム完了を目指し協力し合うのです。その結果、理想的な教育環境が整い教育効果の向上を期待できます。

© Copyright Knowledge To Work. All Rights Reserved.